BLOG

ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 未分類
  4. 【歌ってみた動画-season①-】

【歌ってみた動画-season①-】

ボイスリードの江原です。

こちらは「歌ったみた動画-season①-」のまとめ記事です。

 

お楽しみくださいませ!

 

【season①】

(1)海の幽霊/米津玄師
(2)Lemon/米津玄師
(3)鱗/秦基博
(4)HANABI/Mr.Children
(5)もうええわ/藤井風
(6)奏/スキマスイッチ
(7)別の人の彼女になったよ/wacci
(8)ノーダウト/official髭男dism
(9)瞬き/back number
(10)サウダージ/ポルノグラフィティ

 

View this post on Instagram

【歌コツNo.1 発声解説】   米津玄師さんの『海の幽霊』歌ってみましたので、少し解説してみたいと思います。    【地声】 最高音はレミオロメンの「粉雪」の「なぁ〜」という高い部分と同じ高さで、男性にとってはとても高い。女性に例えると、Superflyの「愛を込めて花束を」を全て地声で歌うイメージです。「海の幽霊」はこの音が連発するので、喉を締めて歌っている人はサビのみを歌い切るのもキツいかも。  これを歌い切るには声帯を伸ばす力と閉じる力の両方を強力に必要とします。米津玄師さんの場合はスピッツの様に軽い声で歌うミックスボイスではなく、地声の響きのままに高音域に上がっていく「ベルティングボイス」という発声方法が使われており、今回のカヴァーでもベルティングボイスを使ってみました。高音も野太い印象かと思います。   【裏声】 最高音も高い「レ」となっており、女性が使うような音域です。こちらも声帯を伸ばす力が強くないと男性で綺麗に出すのは中々難しいと思います。また、裏声にも様々な発声方法があり、今回使用しているのはヘッドボイスと呼ばれる「芯のある」裏声であり、息漏れの多い裏声(=ファルセット)という発声と使い分けることが出来ます。   【ロングトーン】 最後の部分のロングトーン(長くのばす所)こちらは腹斜筋という呼吸筋のコントロールによって横隔膜を押し上げることにより、強くて安定した息を作り出すことを意識しました。呼吸の支えにより、喉の普段は殆ど感じません。   いずれも練習によって習得可能となります。今後これらを歌えるようになる為の動画も配信予定です。   #海の幽霊 #米津玄師 #ボイトレ #ボイストレーニング #発声 #喉締め #張り上げ #裏返り #ミックスボイス #ベルティングボイス #ヘッドボイス #ファルセット #高い声 #カラオケ #栃木 #宇都宮 #歌ってみた #歌うま #歌 #弾き語り #カヴァー #カヴァーソング #呼吸 #腹斜筋 #横隔膜 #歌コツ #音痴

A post shared by えはら校長/ボイスリード(ボイトレスクール) (@voice_lead) on

https://www.instagram.com/p/B-uML4GhwB8/?igshid=1p0vg443mo3u5

 

 

別シーズンの動画たちはこちらから👇

【歌ってみた動画-まとめ-】