BLOG

ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 未分類
  4. なんにも分からない人がボイトレ通っても良いの?

なんにも分からない人がボイトレ通っても良いの?

 

ボイスリード校長の江原です。

 

これまで動画を用いて色々と情報発信をしてきましたが、今頭の中にあることを文字に起こしてみたいと思い、ブログを書くことにしました。

 

さてこれまで、少しでも“カッコいいボイストレーナー”になるべく自分のブランディングを頑張ってきたわけですが、校長今更気づきました。

 

 

「俺別にカッコいい系の人間やないやん・・・」

 

 

そして、現状本当にありがたいことにずーっと生徒さんの数が増え続けていて、40数名の声を見させていただいています。自分が教えられるキャパで言うとあと1人増えたらストップしたいな、と考えたり考えなかったりしているところです。あ、でも悩んでいる人を助けてあげるのが好きだということにも気づいたので、本当に困っている人がいたら自分の時間を犠牲にしてでも悩みを聞いてあげたいとは思ってますよ。これはマジ。

 

あとは、レッスン自体、幸い自分の好きな事を仕事に出来た身なので、(良い意味で)全然仕事感が無いんです。すごく楽しいから長時間に及んでもチャラへっちゃらです。ただ余暇とかプライベートも大事にしたいので制限は設けたいなと。

 

さてさて、本題ですが、それなりにマニアックなボイトレを取り扱っている私ですが、実際通ってくれている生徒さんも同じようにマニアックなのか?というと、全くそんなことはありません。というか、ボイトレの“ボ”の字も知らない方ばかりです。

 

僕個人としてはマニアックなボイトレを全面に出しているわけですから、当然マニアックな人が集まるのだろうなと思っていたのですが、世の中そんなに声の深い所まで興味がある人はほとんどいませんでした笑

 

初回カウンセリング時には皆さん何もわからず来るわけですが、帰る時には「声って面白い」ってみんな思ってくれてる(と感じています)。はず。表情的に。

 

そのくらい声の世界は「理解できれば」楽しくて、興味深いのです。

 

沢山の人に“自分の声を磨いていく”ということについての面白さを知って欲しい。そして、歌や声について色んな人と話し合ってみたい。

 

そうすると僕の目的は先生になることではなく、“歌の素晴らしさを共有できる仲間、友人”が欲しいんだなってことに気づきました。

 

そして、実際生徒さんとは“日本で一番友達に近いボイストレーナー”って感じになってると思います。タメ口の人も多いし、レッスン後にご飯もバンバン行くし、カラオケも行くし、飲みにも行くし、歌じゃない話もめっちゃします。正直自分のことを“先生らしい”と思ったことは殆ど無いw

 

一般的な正解はあるかもしれませんが、今のこの形が僕にとっての正解であり、みんなにとっても一番いいのかなって感じてます。地方って感じで良いでしょ?笑

 

とにかくすべての生徒さんが、とても仲良くしてくれて幸せですし、生徒さんにとっても来る前のイメージと来てからの僕のイメージは180度違うと思います笑

 

こうやってずーっと歌が上手くなりながら、楽しくて、なんでも話し合える仲間が出来て、困った時は助け合える一つのコミュニティとしての機能も果たすスクールを築いていけたらなと思っています。

 

まあ、とにかく空気感はこんな感じなんですよ。だから、自分がどの位声のこと知ってるとか、音楽に詳しいとか本当必須じゃないんです。純粋に歌で楽しい時間を過ごしたいという気持ちがあればそれだけでボイトレを受ける資格を持っていると言っても過言じゃないんです。

 

ということで、ゆるゆるとまた更新しますので読んでね!

 

以上!