BLOG

ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 未分類
  4. 【実践解説動画あり!】「苦しそうな声」になってしまう方へ

【実践解説動画あり!】「苦しそうな声」になってしまう方へ

 

ボイスリードの江原です。

 

今日は「苦しそうな声になる」とお困りの方へのお話です。

 

題目は以下の通りです。

  1. 結 論
  2. 解説❶:「苦しそうな声」の時、喉では何が起こっているのか?
  3. 解説❷:「対抗する筋肉」でバランスを取る
  4. 解説❸:メカニズムは分かっても「使い方分からない」問題
  5. 解説❹:トレーニング方法(動画)
  6. まとめ

 

では、いってみましょう!

 

結論

A.オペラをイメージした、太い裏声の練習する

 

解説❶:「苦しそうな声」の時、喉では何が起こっているのか?

苦しそうな声になっているとき、喉の中では“響かせる空間”を充分に取れていません

声を響かせる空間は、喉頭(≒喉仏)の位置が高い程、狭くなってしまうのです。

これは、喉仏を“舌”の方向(=前上方向)に引っ張る筋肉(甲状舌骨筋)が、過剰に働いてしまっている為に起こります(ここでは「あ、そういうものなんだ。」位で理解してください。)。

※フースラー著「うたうこと」より引用

 

解説❷:「対抗する筋肉」でバランスを取る

それならば、「前上」の真逆にあたる「後下」に引っ張る筋肉が稼働すれば、喉の空間を広く確保出来るはずです。そして正に、そんな筋肉が存在してくれています。

それが、喉頭の後ろ側に付着している「輪状咽頭筋(りんじょういんとうきん)」というやつです。ワードが難しいので今後コイツを「後ろに引っ張る筋肉」と呼びます。

こいつが使う事が出来れば、「苦しそうな声」を打破するためのとても大きな戦力となります。

※フースラー著「うたうこと」より引用

 

解説❸:メカニズムは分かっても「使い方分からない」問題

しかし、この「後ろに引っ張る筋肉」は非常にやっかいです。

何故かというと、ほとんどの人が、普段話す時に「全く使っていない」ので、使いたいのに使い方が分からないのです・・・ぶっちゃけ言うと、もはや仮死状態です。これは全く言い過ぎではなく。

なので、最も重要なのはこの「全く使われずに眠ってしまっている状態」から、どうにか起こしてあげることです。ほぼ仮死状態から起き上がるまでは数か月間、毎日刺激してあげる必要性がありますが、必ず起きてくれます。

※ちなみに日本人は、そのほとんどが今回の問題を引き起こしている「前上」方向に引っ張る筋肉をメインに使って話していると言われています。なので、他国に比べて少しキンキンした様な音質でしゃべる人が多い民族です。イタリア人のダンディな声は、話す時に日本人とは異なる筋肉を使っている事から生まれています。

 

解説❹:トレーニング方法(動画)

 

まとめ

発声が上手くいかない(喉が締まる、高い声が出ない、声が枯れる等)理由の殆どは、発声に本来使われるべき筋肉が“目覚めていない”ことに起因します。

ボイストレーニングでは、よく音階練習が行われますが、必要な筋肉が目覚めていない人がこれを行うとどうなると思いますか?

-答えは想像の通りで、「使い慣れている筋肉を使っての発声」を行うことになり、発声筋のアンバランスを助長する危険性があります

発声改善は何よりも「まず覚醒」なのです。目覚めさせてから音階練習などに移行すれば・・・きっと変わります!!

 

ではでは!

 

——————————————————————————————————–

【著者プロフィール】

◉名前

えはら校長(ボイスリード)

voice_slider3-300x200.jpg

◉職業

発声改善専門ボイストレーナー。栃木県宇都宮市にあるボイトレスクール「ボイスリード」の校長。

フースラー発声学を基礎とした「ロジカルなボイトレ」を栃木県に初めて持ち込み、喉を締めた発声や、声枯れなどの症状改善と得意としている。「これまで様々なボイトレを試したが上手くなれなかった」方を中心に口コミが広まり、常に定員が満員状態であることから、各所で”栃木県で最も予約の取れないボイストレーナー”と紹介されている。生徒は、高校生からバブル世代まで幅広く、バンドマン、アイドル、カラオケ大会上位常連組などの本格派からも指示されている。

経歴:

2008. 3 高校生の文化祭でバンドのボーカルを始めたことをきっかけに、歌の練習を始めるも、「喉締め・裏返り・声枯れ」などの症状が酷く、当時好んで聴いていたBUMP OF CHICKENの歌が苦しくて歌えなかった事からボイストレーニングを始める。

~2015. 3 様々なボイトレ書籍を買って、付録の音源で練習したり、地元ボイトレスクールに通うも7年もの間殆ど成果が出ず、たった30分のライブを歌いきることが出来ない時間を過ごし、途方に暮れる。

2015. 6 たまたま行ったプールで泳いだ後に声を出してみると、今までにない声の”軽さ”を体感し、「声と身体の関係性」について調べ始めると、発声も全て”筋肉の働き”によって行われていることを知る。

2015. 7~ 「発声を理論的に学べば、自分の症状も治せるかもしれない!」という希望を胸に、東京やアメリカの”筋肉や神経学、生理学”などを基にしたロジカルなボイトレを提供しているトレーナー10名以上に学び、2年以上の時間を、ほぼボイトレの勉強や実践練習に費やす。この期間に地声のキーが10個も上がる。

2017. 7~ 自身の経験をもとに、地元の歌で悩んでいる方々にボイストレーニングを素晴らしさを伝えるべく、レッスンを始める。この時は勉強期間として、無償で数百本行い、成果に確信を得る。

2017.10 ロジカルボイトレを栃木県に広めるため「ボイスリード」というスクールを開校

2018.  6 初のワークショップ「ボーカリストの為のマイキング勉強会」開催。定員10名のところ、1日で12名の申込みが入り、即完売。

2018.12 2回目のワークショップ「本当に感動する歌の作り方」開催。定員20名が即日完売。

2019. 6 紹介が紹介を呼び、生徒満員で初の生徒募集打ち切り。

2019.11 生徒募集再開

2020. 1 再び満員により、生徒募集打ち切り

2020.3 4月からの新規生徒募集再開

◉出身・在住

茨城県出身、栃木県在住

◉音楽歴

バンドや弾き語りで歌ったり曲作ったりを15年程やってます。今はコーラスユニットでの路上ライブが多いです。

◉好きな音楽

音楽はかなり邦楽洋楽問わずかなり雑食ですが、ルーツミュージックはCHEMISTRY、BUMP OF CHICKEN、Mr.Children、ACIDMANなど。最近は洋楽(特に横ノリ系)多め。踊れるやつが好きです。

◉趣味

お笑い。読書。好きな芸人は東京03。愛読書は司馬遼太郎、伊坂幸太郎。

◉好きな芸能人

篠原涼子、吉高由里子、広瀬すず、松岡茉優、浜辺美波、はあちゅう。

◉休日の過ごし方

本読んでるか、歌ってるか、お笑い見てるか、筋トレしてるか、愛猫に遊んでもらってます。

◉最後に一言

オススメのアーティストや本があったら教えて下さい!