BLOG

ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 未分類
  4. 何故モノマネ芸人や声優は歌も上手いのか?

何故モノマネ芸人や声優は歌も上手いのか?

 

ボイスリードの江原です。

今日は”何故モノマネ芸人や声優は歌も上手いのか?”についてです。

この2つの職業は「様々な声を変幻自在に操る」という部分で共通していますが、そもそも声を使い分けるというのはどういうことなのでしょうか?

声に違いが生じるのは、

①どのような呼吸か

②どのような声帯の閉鎖の仕方か

③共鳴腔(喉や口、鼻などの声を響かせる空間のこと)でどのように響かせているか

と様々な要因があるのですが、全て筋肉を動かして操作しているということでは共通しています。

声を使い分けられるということは、その細かい筋肉達の中で使いたい筋肉を狙って動かすことが出来て、その上に力加減が出来るということです(喉には沢山の筋肉がめちゃくちゃ近い距離で存在している上に、目で見て確認出来ないのでとても難しいですが・・・)。

芸人さんたち本人は「ただ単に声を変えている」という感覚でやっているかもしれませんが、筋肉を作業員に例えると

・働くメンバーを変えている

・それぞれの仕事の働き方の度合いを変えている

ということが起こっている訳です。

 

歌も同じ。声質の変化も、声量の変化も、音程の変化も

”どの作業員を”

”どの位扱うか”

が重要という点で一致しているため、

モノマネ芸人や声優さん=歌が上手い

という相関性はあると思います。

そこに聴覚が「監視官」として見張って、脳みそという「現場監督」が指示を出す。

とどのつまり、色々な声を出すことは発声能力向上に間違いなく繋がるので、積極的にやってみましょう!というお話でした!

ではでは。

カテゴリー

月を選択