BLOG

ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 未分類
  4. 高い声を軽く出す為の練習方法(動画あり!)

高い声を軽く出す為の練習方法(動画あり!)

 

ボイスリードの江原です。

 

今日は「高い声を軽く出す為の練習方法」のご紹介です。

 

題目は以下の通りです。

  1. 結 論
  2. 解説❶:地声と裏声のグラデーション
  3. 解説❷:高い声が出せないのは何故か?
  4. 解説❸:低い裏声が地声を支える
  5. 解説❹:トレーニング方法(動画解説)
  6. まとめ

 

では、いってみましょう!

 

結論

A.低い裏声を練習する

 

 

解説❶:地声と裏声のグラデーション

まず前提として、喉には、地声を出す時に活躍する筋肉(以下、「地声の筋肉」)と裏声を出す時に活躍する筋肉(以下、「裏声の筋肉」)とがあり、それらは常に協同作業をしています(つまり、地声を出している時も「裏声の筋肉」は働いているということです。これが超重要なことなのでしっかり押さえて下さいね!)

そして、声が高くなるにつれて「地声の筋肉」は活動を緩め、「裏声の筋肉」の活動が活発になっていきます。声が低くなると真逆の事が起こります。

まさにグラデーションの様な滑らかさでこの切り替えが行われていくのが理想的です。

 

解説❷:高い声が出せないのは何故か?

しかし、高い声が上手く出せない人の場合、このグラデーションが上手くいっていません。

そして、その原因として高確率で考えられるのが、地声の中に裏声の筋肉の働きが入っていないという事です。

つまり、いかに地声に裏声の働きを含める事が出来るかがグラデーション成立の鍵となります。

でも、地声を出しながら裏声の要素を含めるという意味不明な喉の使い方はどのようにすれば出来るのでしょうか?

 

 

解説❸:低い裏声が地声を支える

地声を出しながら裏声の筋肉も働かせる為には、地声の音域まで裏声を出す練習をしましょう!

どの位低い所まで練習するのが良いかというと、目標としては、自分が課題曲としている曲を“全編裏声”でスムーズに歌える位

最初は、息漏れの多い裏声から始めて、徐々に声に芯を入れていくのが正しいステップアップです。

芯が入る程に声量も出てくるので、ざっくりですが、より大きな裏声で歌えることを目指すという考え方でも良いかと思います(あくまで喉に余計な力が入っていないことが前提ですが)。

また、低い音域になる程に、「地声にひっくり返る」、「息漏れが増えていく」などの現象が起こりますので、それらがなるべく起こらない様「集中して」練習に取り組んでみて下さい。

 

 

解説❹:トレーニング方法(動画)

 

まとめ

私がボイストレーニングを始めた時は、高い声の練習として「地声で頑張って高音を出そうとしまくる」ということを繰り返していました。その時は、まさか「裏声が地声を支えてくれている」なんて1ミリも思っていませんでした。

しかし、裏声のトレーニングを重ねるにつれて不思議と「地声の音域が上がる」という体験を得た事から、

「裏声の練習には、楽に歌う為の重要な意味がある!」と確信を得るに至りました。

歌などでもあまり使われることのない裏声と思って軽視せず、積極的に練習してみることを「強く」おススメします。

 

ではでは!

 

——————————————————————————————————–

【著者プロフィール】

◉名前

えはら校長

voice_slider3-300x200.jpg

◉職業

発声改善専門ボイストレーナー。栃木県宇都宮市にあるボイトレスクール「ボイスリード」の校長。

フースラー発声学を基礎とした「ロジカルなボイトレ」を栃木県に初めて持ち込み、喉を締めた発声や、声枯れなどの症状改善と得意としている。「これまで様々なボイトレを試したが上手くなれなかった」方を中心に口コミが広まり、常に定員が満員状態であることから、各所で”栃木県で最も予約の取れないボイストレーナー”と紹介されている。生徒は、高校生からバブル世代まで幅広く、バンドマン、アイドル、カラオケ大会上位常連組などの本格派からも指示されている。

経歴:

2008. 3 高校生の文化祭でバンドのボーカルを始めたことをきっかけに、歌の練習を始めるも、「喉締め・裏返り・声枯れ」などの症状が酷く、当時好んで聴いていたBUMP OF CHICKENの歌が苦しくて歌えなかった事からボイストレーニングを始める。

~2015. 3 様々なボイトレ書籍を買って、付録の音源で練習したり、地元ボイトレスクールに通うも7年もの間殆ど成果が出ず、たった30分のライブを歌いきることが出来ない時間を過ごし、途方に暮れる。

2015. 6 たまたま行ったプールで泳いだ後に声を出してみると、今までにない声の”軽さ”を体感し、「声と身体の関係性」について調べ始めると、発声も全て”筋肉の働き”によって行われていることを知る。

2015. 7~ 「発声を理論的に学べば、自分の症状も治せるかもしれない!」という希望を胸に、東京やアメリカの”筋肉や神経学、生理学”などを基にしたロジカルなボイトレを提供しているトレーナー10名以上に学び、2年以上の時間を、ほぼボイトレの勉強や実践練習に費やす。この期間に地声のキーが10個も上がる。

2017. 7~ 自身の経験をもとに、地元の歌で悩んでいる方々にボイストレーニングを素晴らしさを伝えるべく、レッスンを始める。この時は勉強期間として、無償で数百本行い、成果に確信を得る。

2017.10 ロジカルボイトレを栃木県に広めるため「ボイスリード」というスクールを開校

2018.  6 初のワークショップ「ボーカリストの為のマイキング勉強会」開催。定員10名のところ、1日で12名の申込みが入り、即完売。

2018.12 2回目のワークショップ「本当に感動する歌の作り方」開催。定員20名が即日完売。

2019. 6 紹介が紹介を呼び、生徒満員で初の生徒募集打ち切り。

2019.11 生徒募集再開

2020. 1 再び満員により、生徒募集打ち切り

2020.3 4月からの新規生徒募集再開

◉出身・在住

茨城県出身、栃木県在住

◉音楽歴

バンドや弾き語りで歌ったり曲作ったりを15年程やってます。今はコーラスユニットでの路上ライブが多いです。

◉好きな音楽

音楽はかなり邦楽洋楽問わずかなり雑食ですが、ルーツミュージックはCHEMISTRY、BUMP OF CHICKEN、Mr.Children、ACIDMANなど。最近は洋楽(特に横ノリ系)多め。踊れるやつが好きです。

◉趣味

お笑い。読書。好きな芸人は東京03。愛読書は司馬遼太郎、伊坂幸太郎。

◉好きな芸能人

篠原涼子、吉高由里子、広瀬すず、松岡茉優、浜辺美波、はあちゅう。

◉休日の過ごし方

本読んでるか、歌ってるか、お笑い見てるか、筋トレしてるか、愛猫に遊んでもらってるか、独り言呟いてます。

◉最後に一言

ホームページは固い印象ですが、多分栃木県で一番明るい選手権1位です!