BLOG

ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 未分類
  4. 息を吸ってはいけない!?〜歌のための呼吸〜

息を吸ってはいけない!?〜歌のための呼吸〜

 

ボイスリードの江原です。

今日は呼吸について。「吸い方」のお話をします。

 

「歌には腹式呼吸が良い」とよく言われます。

腹式呼吸という名前は、”吸うとお腹が膨らむ”ところから来ています。

もっと詳しく言うと、それは横隔膜という呼吸筋が下方に移動することで起こっています。

 

現在、日本の9割以上のボイトレスクールではこの腹式呼吸を教えていると思われます。

僕も”横隔膜が躍動的に動くことで良い呼吸を達成する”ということについては賛成です。

 

しかし、一つだけ大きな考え方の違いがあります。

 

ボイスリードでは他のスクールさんとは異なり、”息を吸おうとすること”を禁止しています。どういうことか。

 

腹式呼吸を学んだことがある人はこう言われたでしょう

「吸うときにお腹を膨らませてください」

だいたいは合っています。

 

しかし、呼吸にとって最も重要なことは

身体の自然な動きに身を預ける

ことなのです。

 

つまり「吸おう」と思ってはいけないのです。

 

気がついたら呼吸をしているという感覚でないといけません。無意識です。

 

そのために必要な意識は

 

吸う×

吐くのをやめる◯

 

です。

 

これだけでも

人間の身体が本来持っている動きを”引き出す”

ことが出来ます。

 

今日は呼吸に於ける”吸い方”のお話でした。是非やってみてください。

 

そして、歌にとって最高の呼吸、つまり人間の自然な動きに任せる呼吸法を引き出すためには

 

呼吸以外のある重要な考え方、トレーニング

 

が必要となります。

 

こちらについては恐らく栃木県ではボイスリードでしか学べない真実になると思われますので、

レッスン生限定でお伝えすることにします。

 

ではでは

カテゴリー

月を選択